ららぁの宝塚チケット入手ブログ

50歳からの宝塚チケット入手奮闘記&観劇日記

御園座 千秋楽は春の陽気💛

こんにちは ららぁです。

 

御園座💛初日は 極寒の模様で、凍えておりましたが、

千秋楽は 春の陽気で暖かでした。

朝の御園座

朝からとても暖かな日差しがあり、千秋楽が晴れやかに迎えられました。

f:id:rara6124:20220227174854j:plainf:id:rara6124:20220227174932j:plain

 御園小町 裏入り口

今日のチケットは、いつものごとく「おけぴ」経由でございます。

 

f:id:rara6124:20220227174957j:plain

御園座は、取次チケット出しスペースが少なく、

こちらの階段上部でされていました。

 

本日も、ご贔屓チケットの方がみえたようで、

お土産引き換えされている方もチラホラ。

でも、明らかに先週日曜より少なかったです。

当然ですよね。

 

見えているポスター前で写真撮っている方が開演前&終演後に沢山いらしゃいました。

あのポスター、とってもデカイのです。

 

ららぁは、本日暖かだったので、革ジャンにスカートで観劇しましたが、

熱い!熱い!星組公演💛とても楽しく至福の時を過ごせました。

今日のお席

初日は、ぴあ当選チケット、先週はご招待チケット。

どちらも、下手ブロックでしたので、本日は上手ブロックでの観劇です。

 

本当にこうも違う?という位、上手と下手の景色は違って見えました。

バックミュージック(礼さんの歌声)聞きながら、

オペラグラスで見えてなかった箇所を覗き込む。

 

そうそう、開演前に男性スタッフ(?)2名の前を通り過ぎる時に

チラッと見えた「宝塚歌劇団 関係者」のネームを身に着けた方に見覚えが。

 

思わず振り向きかけたら、頭上に特徴が、

マスクしてましたが、多分 演出家の先生。

そして隣は、理事長です。

これもプログラム購入したから、判明しました。

リアルタイムで泣けてきた

前回の「王家に捧ぐ歌」は ららぁ

1回しか観劇していないのですが、

ららぁを「宝塚の沼」に誘い込む程、泣けて・・・泣けて・・・

 

でも今回、何故か(主に興味がジェンヌさんに向いてるから)

泣けない!

しかし、それは、ららぁが「幸せ」だから。と判明しました。

先週時点では、未だ世界情勢も混沌としていたが、望みがあった。

しかし、今日は・・・泣けてきたのです。

今の幸せを大事にかみしめたい!

 

そう強く感じました。

挨拶集(ニュアンス)

白妙なつ

ご観劇ありがとうございました。

2/8に初日を予定しておりましたが、延期となりお客様にはご迷惑とご心配をおかけしました。10日間の短い公演期間でしたが、本日出演者全員揃って、無事千秋楽を迎えられました。

日々悪化する状況下、不安で何度かくじけそうになりましたが

その度に、関係者のみなさまが暖かく迎えてくださり

お客様が私達を奮い立たせてくれました。

本当にありがとうございました。

そして、今回専科よりご出演くださいました「まりんファラオ」この作品に新しい風を吹き込んでくれました。大きなお力添えをありがとうございました。

星組生はこの後、4/23から「めぐり会いは再び」に出演致します。

こちらは108期生の初舞台公演でございます。

この冬が終わり、新しい春の訪れを喜びつつ、切磋琢磨して新たな舞台を作り上げて参ります。

木村伸司先生の作品には、癖になるフレーズが沢山出て参ります。

個人的な意見ですが、私が一番好きなフレースは、

それだけの男を、愛したのか貴女は!」礼真琴の歌付です。

礼真琴

千秋楽にお越しくださり、ありがとうございました。

初日は、遅れてのスタートになりましたが、この10日間止まる事なくこの日を迎えられました事、そして連日沢山のお客様に足をお運びいただけた事、

そして、40人一人も欠けることなくこの10日間を過ごすことができた事、

本当にうれしい気持ちと感謝の思いと、ホッとしております。

お客様には、沢山のご協力をお願いし、沢山のご不便をおかけしました。

お客様のご協力なくしてこの日を迎えることは出来ませんでした。

本当にありがとうございました。

劇場スタッフ・関係者の皆様、どれだけの思いで幕を揚げてくださったか?

先生方を始め、全ての皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

*すみません 私 息がもれてる?んでしょうか?

 

2年前、丁度ステイホーム期間中の時に

ふとこの作品の主題歌「世界に求む」を耳にしました。

その曲と、歌詞を聞いた時に・・・

いつかタカラジェンヌみんなで、この歌をお客様に届けられたらいいなあ!と

何も知らない「礼真琴」は、その時思っていました。

それが、ご縁があって

この作品に挑戦する事ができ、

この作品に生きるものとして、この歌をお届けできた事は

運命だと。 そして、使命だと(思いました)。

なので、私達の魂の叫びが、お客様に届いていたら、幸せでござます。

並大抵の力ではできることのできない この大作に挑戦させて頂けた事、

木村先生のご指導のもと、沢山の学びと財産を頂きました。

この財産を素に、次へつなげていけるように努めて参りたいと思います。

カーテンコール1回目

本当に、大きなお力添えを頂きました悠真倫さんは

ロックオペラモーツアルト」以来、ご一緒させていただきました。

あの時は、モーツアルトの厳格な父として、親子関係を築かせていただきました。

今回は、義理の父になるかもしれない優しい父でした。

一度だけ(ローブの)裾を持ったことがあるのですが、、、

本当に重い(ローブの)裾です。

これを着て、立たれた、、、悠真倫の力強い存在感に、この作品は支えられました。

これからも、悠真倫さんとご一緒させて頂ける日を楽しみに頑張りたいと思います。

 

そして、ここは「名古屋」愛知県出身者を紹介させていただきます。

遥斗勇帆(愛知県名古屋市

ひろ香裕(愛知県名古屋市

そして、我らが副組長

白妙なつ(愛知県小牧市

 

10日間という短い期間でしたが、

ちゃかり「名古屋めし」もテイクアウトで頂きました。

次、もし名古屋に来させていただく機会があれば、みんなで、お店で、

美味しい物を食べれるようになっている状況である事を願っています。

それまで・・・次の予定は無いのですが・・・皆様もお元気でお過ごしください。

カーテンコール2回目

会場皆で、星組パッション💛

(礼真琴)熱いぜ!(皆)星組

     燃えろ!   星組

     進め!    星組

     星組!    パッション!

カーテンコール3回目

ありがとうございます。

星組パッションをしたのに、また開いてしまいました。

この御園座公演をさせれいただくのは、2年前の月組御園座公演以来となります。

その時、月組さんは初日が開けてから、

途中で、この状況により公演が中止となりました。

そして、星組は途中からのスタートになりましたが千秋楽という日を

キチンと迎えさせていただきました。

月組さんが初めて下さった この御園座公演を今ここで千秋楽を迎えられた

2年越しで(千秋楽を)迎えられて事を思っています。

これからも、宝塚歌劇御園座のご縁が続きます事、願っております。

 

そして、(中止となっていた)宝塚大劇場 宙組公演も幕が挙がります。

そして、少しづつ前に向き始める、決してくじけない。

どんなに倒れても、這い上がるタカラジェンヌの底力を

また見せつけることができて、嬉しく思います。

そして今、東京公演は、月組さんが始まっていますが、

なんとリニューアル工事後の初めての公演で私も気になっております。

今後とも、宝塚歌劇をよろしくお願いいたします。

 

 

御園座は近いです。

毎年、開催してもらえませんか?


ブログランキングに参加しています
この記事を読んで「参考になったよ!」という人は応援クリックお願いします(^o^)
 ↓ ↓ ↓ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村